HOME、もくじ   樹木名一覧  葉の図鑑  花の図鑑  実の図鑑
 画面の文字が小さいときは、メニューバー>表示>文字のサイズ、で文字
 を大きくしたり、または拡大レベルを125%にあげるなどしてご覧ください。


ケムリノキ  煙木

ウルシ科ケムリノキ属
学名:Cotinus coggygria
別名:スモークツリー、ハグマノキ、カスミノキ   
  属名のCotinusの意味は不明。種小名のcoggygriaはスモークツリーの意。
  外来の樹木で、南ヨーロッパから中国にかけて分布する。別名のハグマノキのハグマとはヤクという動物の尾の白い毛のことで、仏具の払子(ほっす)をつくる。

  岸和田市では府道30号(沼町交差点〜堺町交差点)の歩道に置かれた
木製プランターに植えられているものを見る。


  雌雄同株。

クリックすると、写真と説明にジャンプします。

樹形 環境 果実 樹皮 冬芽 仲間の樹木

樹形  落葉低木。
花期の樹形

貝塚市名越で
2010.5月
枝葉

貝塚市名越で
2008.5月
 環境  庭木、公園樹
   雌雄同株。 花期:5〜7月    
枝先に円錐花序を出す。花は直径3mmほどの淡緑黄色。花後に花柄が細い糸状に伸びてもわもわとした状態になり、煙のようにみえる。
    花序          貝塚市名越で   2010.5月
    花序          貝塚市名越で   2010.5月
    花序          貝塚市名越で   2010.5月
     花は小さい          貝塚市名越で   2010.5月              
  互生。枝先に集まってつく。
葉身の長さは5〜13cm、円形〜卵円形。葉柄は長く、赤みをおびることが多い。葉の大きさは変異がある。
  ↑  葉は枝先に集まる         貝塚市名越で   2007.10月
葉は枝先に集まる

貝塚市名越で
2007.10月
葉の表
葉の裏
果実   核果。種子が1個入る。果序は羽毛状になる。
   果序     兵庫県宝塚市 あいあいパークで   2008.6月
果実はハゼノキなどの他のウルシ科のものと同じだ

兵庫県宝塚市 
あいあいパークで
2008.6月

種子
                ( 画像 準備中 )
樹皮  灰褐色。
冬芽  
貝塚市名越で
2010.1月
貝塚市名越で
2010.1月
同属の仲間の樹木  
日本でみられるケムリノキ属は本種だけである。

HOME、もくじ   樹木名一覧  葉の図鑑  花の図鑑  実の図鑑


         このホームページ内の文章、画像の転載は禁止です。
         Copyright(c) 2010  Kigi@Kishiwada  All rights reserved.

inserted by FC2 system